• ホーム
  • 勃起不全とうつ病の関係を探る

勃起不全とうつ病の関係を探る

散歩している中年夫婦

勃起不全には様々な原因があります。
大きく分けると精神的な要因と肉体的な要因になりますが、勃起不全を改善するためには原因を探ることが大切な治療法となります。
うつ病も勃起不全の原因となる場合があります。うつ病によって勃起不全になる原因は基本的には精神的な要因のうちに入ります。
精神的に活力が湧いてこない状態で自分に対する自信もなくなり勃起できるかどうかわからないという不安や焦りなどが原因となら勃起不全になることがあります。
また、うつ病の症状により体力が低下して食欲が落ちたり睡眠不足となり血行が悪くなり勃起するために必要な血流の流れが不十分のため勃起不全となることもあります。
うつ病になると食欲不振や睡眠不足になることが多く、それにより血行不良になることが考えられます。
勃起にはきちんとした血流が必要なので血行不良により十分な血液が送られずに勃起できなくなることがあります。
うつ病は精神的な部分から体力の低下にもつながるので勃起不全の原因になりやすい病気だと言えます。
また、勃起できるかどうかわからないという不安が強くなってしまうこともうつ病の人にはありがちです。
それにより精神的な要因で勃起しにくくなってしまう可能性もあります。
このように、勃起不全には精神的な要因や肉体的な要因など様々な原因があるので治療したい場合は原因を探る作業が大切になります。
うつ病によって勃起しにくくなることもあり、精神的に落ち込んでしまい勃起できるかどうか不安になることが原因になったり、体力が低下してしまうことが原因になることもあります。
心身ともに健康であることが勃起には必要となるのでうつ病によって勃起しにくい体になってしまう可能性は高いでしょう。